Posts Tagged ‘原因’

自律神経失調症の原因

2011-02-09

自律神経失調症の原因はいろいろありますが、代表的なものとしては、

  • 生活習慣の乱れ
    生活リズムが乱れ、徹夜や夜間の残業勤務などが続き夜型の生活が続くと、
    本来ならば身体を休める副交感神経が働く時にも交感神経が働くことになり、
    自律神経の働きが乱れてきます。
  •  

  • 環境の変化
    季節の変わり目には体調不良を起こしがちです。
    温度の変化や湿度の変化に身体が適応できず、ストレスとして感じてしまいます。
    真夏のエアコンによる冷房病も自律神経失調症の原因になります。
    また、職場の環境や家族の病気などの悩み事なども原因となります。
  •  

  • 疲労、肉体的な疲れ
    仕事が忙しく、疲労が蓄積され続けると、交感神経と副交感神経の切り替えが働かなくなります。
    デスクワークなど気づいたら何時間も同じ姿勢で仕事をしていると肩こり、頭痛、腰痛の原因となりそれらがこじれて、自律神経へにも影響をあたえる原因となります。
  •  

  • 対人関係
    人間関係はとても難しいものです。職場では多くの人間と関わっていくことでストレスがたまったり、家族間の関係などのストレスが原因で体調をくずすことがあります。
  •  

  • 性格
    頼まれるといやでも断れない性格、感情の起伏が激しい、ストレスに弱い、神経質なども自律神経失調症の原因になります。
  •  

  • ホルモンバランス
    女性の場合、体内ホルモン(卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン)の分泌の変化が
    自律神経失調症になる場合があります。
    その為、自律神経失調症は男性よりも女性のほうが多い傾向にあります。
Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.