セルフお灸のススメ

jibun1

 

セルフお灸についてテレビ取材を受けました。

セルフお灸は誰でも簡単に行えます。
特に自律神経失調症や女性特有の症状でお悩みの方にはおススメしています。

 

okyutowa

お灸にはいくつか種類がありますが、こちらのお灸を使います。
お灸は熱いのでは? ヤケドするのでは?と思うかもしれませんが、
こちらのお灸は適度な熱刺激でヤケドすることはありません。

むしろ心地よい熱感がある程度です。
女性は特にこのお灸が好きになる方が多いです。

 

goukoku

例えば、肩こりや頭痛がある方には「合谷(ごうこく)」にお灸をしていただいています。

合谷の場所は、親指と人差し指の間で、押さえてみるとズーンと響く場所です。

 

yubiniharu

先ほどのお灸を1個取り出します。
お灸の底の部分はシールになっているので、まずは指に引っ付けます。
それから、ライターで火をつけます。

 

okyu-shikata

そして、ツボに貼り付けてください。
お灸が2~3分かけてジワジワと燃えていきます。
2分後くらいが熱さのピークで10~20秒ほど持続します。

 

 

kyu-nagame

お灸をしてみると、
「ポカポカした感じ」
「キリキリした感じ」
「つねられているよな感じ」

そんな感じがあります。

 

joseiosusume

セルフお灸でしていただきたいツボはいくつもありますが、
特に女性にはおススメのツボがあります。

 

saninkou-irasuto

それは、三陰交(さんいんこう)です。
内くるぶしの上のほうにあるツボです。

指で押さえてみるとすごく痛気持ちよく感じます。

三陰交の場所はコチラをご覧ください。
→ 女性におススメ「三陰交のお灸」

 

saninkou

「三陰交」は生理痛生理不順、冷え性、不妊症更年期障害など女性特有の症状や
自律神経失調症などには必ずと言っていいほど良く使うツボです。

病気がなくてもここにお灸をしておくことで体調管理にも役立ちますよ!

 

kyu-tudukeru

セルフお灸はできるだけ毎日続けていただくことで、
徐々に体調が整っていきます。

お灸の仕方やツボの場所はコチラでご指導いたします。

 

Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.