なぜ春先に体調不良がおきるのか?

春になると、桜や菜の花が咲いて、ともて気持ちよい季節になり、

冬の間、なんとなく閉じこもりがちな心も身体も伸び伸びとしたくなってきます。

393846

 

しかし、人によってはこの春先になると調子を崩す方も多いです。

 「春先になると、身体がダルイ・・・」

「フラフラ、めまいがする・・・」

「なぜかイライラする・・・」

「やる気がでない・・・」

心と身体が気持ちのよい季節についていけなくなり、「自律神経失調症」のような症状が出てきてしまいます。

 

 

どうして、春先に体調を崩してしまうのか??

春に体調を崩しやすくなる原因としては、寒暖の差が大きいことが考えれます。

「昼間はポカポカ陽気だけど、朝晩はとても寒い」

「昨日はシャツ一枚でいいくらい暖かかったのに、今日は上着を着てないと寒い」

このように1日の中で、あるいは1週間を通して気温の変化が大きく、心と身体が気温差に追いついていかなくなり、体調をコントロールする自律神経が乱れてしまいます。

そのため、体調を崩してしまいます。

 

 

 

Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.