自律神経失調症になりやすい性格

自律神経失調症は性格とも深い関係があります。
自律神経失調症は、いろいろなストレスや環境変化などが原因となることがあります。

しかし、同じ状況にあっても自律神経失調症になる人、ならない人がいるわけです。
これは、その人の性格なども影響しているからです。

些細な事を気にする人としない人がいます。自律神経失調症になりやすい性格
自律神経失調症は細かい事が気になるような、少し神経質な性格をお持ちの方に起こりやすくなります。

自律神経失調症になりやすい性格とは
・真面目で責任感が強い
・几帳面で心配性(神経質)
・内向的
・他人の目が気になる

 このような性格をお持ちの方は、ストレスをため過ぎないようにすることが大切です。
また、自分でも気づかないうちにストレスをためてしまい、自律神経失調症になってしまう場合もあります。

性格は簡単に変えることはできませんが、考え方や行動などに気をつければ、
自律神経失調症になりにくくなるでしょう。

Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.