花粉症と腸内環境を整えるツボ

 

花粉症のツボ

今年も花粉症の季節になってきました。

2月から4月にかけて、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなど、花粉症でお困りの方がたくさんいらっしゃいます。

花粉症とはアレルギー反応の1つで、免疫機能が過剰に反応しすぎることで起こります。
スギなどの花粉が体内に入ると、それを排除しようとする時に痒みや炎症を起こす物質が出てくるために、あのツライ症状がでてきます。

 

花粉症の予防には腸内環境がカギ

腸内環境とツボ

花粉症は免疫機能の異常が原因とされています。
実は腸の中には免疫細胞が集中していて、細菌やウイルスが入って来ないように働いていますが、

腸内環境が悪くなると、免疫機能も異常をきたし、花粉症などの免疫が関わる症状を引き起こしやすくなります。

そのため、食事によって腸内環境を整えておくことが花粉症の症状を起こさせないカギとなります。

 

腸内環境を整える食品

・大豆食品 (納豆、豆腐、豆乳など)
便を柔らかくして、善玉菌の栄養源になる

・発酵食品(味噌、ヨーグルト、チーズなど)
腸内の消化・吸収を促進し、善玉菌を増やす

・食物繊維(ひじき、ゴボウ、キャベツなど)
排便を促し、善玉菌の増殖を助ける

 

 

腸の働きを整えるツボ

goukoku

腸内環境を整えるには上記のような食品を食べることが大事です。
また、腸の働きを整えるツボ「合谷」にお灸などをすると相乗効果が期待できます。

合谷は腸の働きを整え、花粉症などアレルギー症状にも効果的なツボです。
ぜひ花粉症でお悩みの方は合谷にお灸をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.