自律神経失調症と気候の変化

季節の変わり目やもうすぐ雨が降りそうな曇り空の時に、
頭痛、肩こり、神経痛などの症状がでたことはないでしょうか?

実は、自律神経失調症と気候の変化と密接な関係があります。

・季節の変わり目に自律神経失調症の症状が出やすくなる気候の変化
冬から春になり気温が暖かくなる頃やジトジト雨が降る梅雨の時期(3~6月頃)。
夏から秋にかけて気温が下がって、肌寒くなる頃(9~10月頃)。
この季節の変わり目に体調を崩しやすくなります。

また、真夏のクーラーの効いた部屋で1日中過ごしていると、
体調を崩してしまう「冷房病(クーラー病)」があります。

・なぜ季節の変わり目に体調を崩しやすいの?
私たちの身体は寒いときは、毛穴を閉じて身体の熱を逃がさないようにします。
また、暑いときは汗を出して身体の熱を放出させます。
これにより体温は一定に保つことができます。
これは自律神経の働きにきよるものです。

しかし、季節の変わり目など気候の変化が激しいと自律神経の調整が追いつかなくなり体調不良
いわゆる「自律神経の失調」状態となってしまうのです。

・対応できるのは5℃以内
私たちの身体は、急激な温度変化にすみやかに対応できるのは5℃以内と言われています。
それ以上の変化を繰り返し受けていると、だんだん自律神経による体温調節機能が狂ってしまいます。
その結果、頭痛、肩こり、めまい、腰痛など様々な体調不良をおこしてしまうのです。

Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.