Archive for the ‘自律神経失調症について’ Category

自律神経失調症と東洋医学の「肝」との関係

2017-03-10

自律神経と五臓六腑

東洋医学では内臓のことを「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」といいます。

五臓とは・・・肝、心、脾、肺、腎
六腑とは・・・胃、小腸、大腸、胆、膀胱、三焦(リンパ系のこと)

 

東洋医学では、この五臓六腑に問題があると、体調不良が起きると考えられています。

 

自律神経失調症と五臓六腑の関係

例えば、自律神経失調症の場合は、この五臓六腑のそれぞれの機能が低下することで、色々な症状がでてきますが、特に東洋医学でいう「肝」の働きが悪くなっている人が多いです。

「肝」はストレスの影響を受けやすく、この「肝」が乱れると、イライラ、うつっぽい、めまい、息苦しい、不眠、眼精疲労、生理不順などの症状がでてきます。

 

そのため、自律神経失調症の鍼灸治療では「肝」の働きを改善するツボを刺激して、自律神経失調症による症状を改善していきます。

 

肝の働きを整えるツボ

肝の働きを整えるツボはいくつもありますが、その中でも代表的なツボ「太衝(たいしょう)」を紹介します。

jiritu-tv6

太衝は足の親指と人差し指の間にある窪みにありあます。

ストレスを感じている人、自律神経が乱れている人はこのツボを押さえると痛みがあります。

jiritu-tv9

このツボに鍼やお灸をすることで、自律神経の乱れからくる症状を改善させる効果が期待できます。

 

自律神経失調症でお悩みの方は、「太衝(たいしょう)」を指圧されてみてはいかがでしょうか?

 

 

花粉症と腸内環境を整えるツボ

2017-02-01

 

花粉症のツボ

今年も花粉症の季節になってきました。

2月から4月にかけて、くしゃみ・鼻水・目のかゆみなど、花粉症でお困りの方がたくさんいらっしゃいます。

花粉症とはアレルギー反応の1つで、免疫機能が過剰に反応しすぎることで起こります。
スギなどの花粉が体内に入ると、それを排除しようとする時に痒みや炎症を起こす物質が出てくるために、あのツライ症状がでてきます。

 

花粉症の予防には腸内環境がカギ

腸内環境とツボ

花粉症は免疫機能の異常が原因とされています。
実は腸の中には免疫細胞が集中していて、細菌やウイルスが入って来ないように働いていますが、

腸内環境が悪くなると、免疫機能も異常をきたし、花粉症などの免疫が関わる症状を引き起こしやすくなります。

そのため、食事によって腸内環境を整えておくことが花粉症の症状を起こさせないカギとなります。

 

腸内環境を整える食品

・大豆食品 (納豆、豆腐、豆乳など)
便を柔らかくして、善玉菌の栄養源になる

・発酵食品(味噌、ヨーグルト、チーズなど)
腸内の消化・吸収を促進し、善玉菌を増やす

・食物繊維(ひじき、ゴボウ、キャベツなど)
排便を促し、善玉菌の増殖を助ける

 

 

腸の働きを整えるツボ

goukoku

腸内環境を整えるには上記のような食品を食べることが大事です。
また、腸の働きを整えるツボ「合谷」にお灸などをすると相乗効果が期待できます。

合谷は腸の働きを整え、花粉症などアレルギー症状にも効果的なツボです。
ぜひ花粉症でお悩みの方は合谷にお灸をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

夏の疲れがでてきていませんか?

2016-08-29

夏の疲れ

真夏の暑さも少し落ち着いてきて、やっとあの暑さがぬけだした感じがあります。

しかし、その暑さが落ち着いた頃から、多くは8月下旬から9月上旬にかけてですが、

「朝、身体が重だるく感じる」
「疲れがとれない」
「頭がボーッとする」
「食欲がない」

などの夏の疲れが出てくる方がいます。

 

夏の疲れを秋に向けて引きずらないためにも、今のうちに体調を整えていく必要があります。

まずは、基本的なことですが「睡眠」、「食事」、「運動」に気をつけましょう!

 

「睡眠」 できるだけよく寝て、身体を休めて、疲労回復する。

「食事」 豚肉、うなぎ、レバー、豆腐、納豆など疲労回復効果のあるビタミンB1を含むものを摂取する。

「運動」 軽い運動をすると脳内で体を活性化するホルモンが分泌されるする。

 

あと、セルフお灸などもおススメですよ!

秋に向けて体調万全

 

 

 

秋は気候も良くなり、色々なイベントが増えてくるので、夏の疲れは早めのうちに解消しましょう!

 

 

 

 

プレ更年期と自律神経失調症

2016-07-21

「プレ更年期」という言葉を聞いたことがありますか?

更年期は45~55歳頃になりますが、その前の30代後半から40代前半頃を「プレ更年期」と呼ばれています。

この年代は、更年期をもうすぐ迎えようとしている頃で、体調不良を感じる方増えてきます。

・イライラする ・めまいがする ・耳鳴りがする ・不眠 ・のぼせる ・倦怠感 ・食欲不振など

 

名称未設定-1

もしかして、更年期障害?と思うかもしれません。

更年期障害とは、 卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモンの分泌が減少することによっておこる症状です。

 

しかし、30代後半~40代前半に更年期障害のような症状がでるのは、卵巣機能の低下というより、ストレスなどが原因でおこる自律神経の乱れが原因で体調不良になることが多いようです。

 

プレ更年期を快適に過ごすためには、自律神経のバランスを整えることが重要になってきます。

 

梅雨のだるさの原因と効果的なツボ

2016-06-15

梅雨になると何だか体調が良くない方がでてきます。
特に女性で梅雨になると調子が良くないと感じる方が多いように感じます。

「雨続きで、気分がどんよりして元気がでない・・・」
「蒸し暑くて、身体がおもだるい・・・」
「身体のむくみがひどい・・・ 」

なぜ梅雨になると調子が悪くなるのでしょうか?

梅雨のだるさ解消法

その答えは、気圧と湿気にあります

 

梅雨のだるさの原因

気圧
梅雨の時期では低気圧が続きます。空気中に酸素が少なくなり、酸欠状態になりやすくなります。

そうすると、身体はできるだけ動かない方が良いと判断し、本来なら身体を動かさないといけない日中でも休憩モードの自律神経(副交感神経)が働き、自律神経が乱れてしまいます。

 

湿気
梅雨の時期はジメジメとしておのずと湿気が多くなります。身体の中にもそのジメジメとしたものが溜まってきます。身体の中にこの余分な水分がうまく発散できないと、身体が重く感じたり、だるく感じたり、また食欲不振やめまい、むくみなどの症状が出てきます。

 

梅雨のだるさケア

「梅雨のだるさ」を解決するには、原因である①自律神経を整えること②体内の余分な水分を排出すること
この2つのことを行うと、梅雨の時期も快適に過ごしやすくなります。

「梅雨のだるさ」に効果的なツボを2つ紹介します。

 

自律神経を整えるツボ

外関(がいかん)

梅雨のだるさに効くツボ

場所:手首の関節のしわの中央のところから、肘に向かって指3本分のところ。

自律神経を整える代表的なツボです。

 

豊隆(ほうりゅう) 

t01610214_0161021411852827274

場所:ふくらはぎの外側で、膝とくるぶしの間の真ん中で、筋肉が一番盛り上がっているところ。

身体の中の余分な水分を排出する効果の高いツボです。

 

この2つのツボにお灸をして、「梅雨のだるさ」を解消しましょう。

 

 

 

ゴールデンウィーク明けにでる体調不良

2016-05-10

ゴールデンウィークが明けた頃になんだか体調不良になる方がいます。

よく言う「五月病」かもしれません。

ゴールデンウィーク明けの体調不良

 

「なんだか元気がでない」

「ボーッとする」

「イライラしやすい」

「ソワソワした感じがする」

「頭が痛い」

「フワフワしためまいがする」

「眠れない」

などなど。

 

自律神経の切り替えスイッチがうまく作動していないとこのような状態になります。

自律神経がうまく働くようにツボを押して、スイッチの切り替えがうまくいくようにしてみましょう。

 

五月病を改善するツボ

名称未設定-1

 

百会(ひゃくえ)

左右の目の間と左右の耳を結んで交差する場所で、頭のてっぺんにあります。

押さえてみると、痛気持ちよい感覚がする場所。

 

百会を押して、自律神経の切り替えスイッチをオンにしましょう。

 

 

 

 

 

なぜ春先に体調不良がおきるのか?

2016-03-25

春になると、桜や菜の花が咲いて、ともて気持ちよい季節になり、

冬の間、なんとなく閉じこもりがちな心も身体も伸び伸びとしたくなってきます。

393846

 

しかし、人によってはこの春先になると調子を崩す方も多いです。

 「春先になると、身体がダルイ・・・」

「フラフラ、めまいがする・・・」

「なぜかイライラする・・・」

「やる気がでない・・・」

心と身体が気持ちのよい季節についていけなくなり、「自律神経失調症」のような症状が出てきてしまいます。

 

 

どうして、春先に体調を崩してしまうのか??

春に体調を崩しやすくなる原因としては、寒暖の差が大きいことが考えれます。

「昼間はポカポカ陽気だけど、朝晩はとても寒い」

「昨日はシャツ一枚でいいくらい暖かかったのに、今日は上着を着てないと寒い」

このように1日の中で、あるいは1週間を通して気温の変化が大きく、心と身体が気温差に追いついていかなくなり、体調をコントロールする自律神経が乱れてしまいます。

そのため、体調を崩してしまいます。

 

 

 

自律神経失調症と突発性難聴

2015-05-06

突発性難聴の原因は精神的、肉体的ストレスが原因の1つとして考えられます。
突発性難聴を発症された方の多くを治療させていただいていますが、
その多くの方が首コリが肩こりがあります。

自律神経が乱れると、首や肩が凝りやすくなります。
自律神経を鍼灸治療で整えていけば、首や肩のこりも改善し、聴力の回復にも役立ちます。

突発性難聴による聴力の回復は発症してから時間が経過していないことが大事なので、
早めは早めの治療をおススメします。

 

 

455da14c10bc84de8f81c34facb1017b

円形脱毛症の原因として自律神経の乱れがあります

2015-05-06

円形脱毛症の原因は色々ありますが、その中で自律神経の乱れも原因の1つとして考えられています。

円形脱毛症で悩んでいる方はぜひ鍼灸治療にて自律神経を整えてみませんか。

 

当院には多くの円形脱毛症で悩んでいる方が鍼灸治療で回復しています。

 

 

enk1

 

 

自律神経失調症によるめまいと吐き気が改善

2015-05-06

自律神経失調症による「めまい」や「吐き気」に悩んでいる方が鍼灸治療にて症状が改善したと喜びの声を頂きました。

kaku-788x1024

« Older Entries
Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.