気象病と自律神経の関係とは

気象病と自律神経の関係

「気象病(きしょうびょう)ってなに?」という方が多いかもしれません。

しかし、「 天気が悪くなりそうな時に頭痛やめまいがして体調が悪くなる」このようなことを言う方は周りにいると思います。

実はこれが「気象病」で起きる症です。
天候によって体調や持病が悪化します。

気象病では主にこのような症状などがあります。

気象病と自律神経失調症

 

 

気象病と自律神経

気象病が起きる原因は、気圧や気温の変化に身体がついていけなくなり、自律神経が乱れることで、様々な症状が出てきます。

そのため、自律神経のバランスが悪い人に「気象病」になりやすい傾向があります。

 

 

気象病予防の鍼灸治療

自律神経のバランスを整えることが、気象病の予防につながります。

鍼灸治療は自律神経を整える効果があるため、天気が悪くなる前に体調が悪くなる、持病が悪化するなど「気象病」だと思われる方は鍼灸治療や自宅でセルフケアのお灸をしていただくことをおススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2010 福岡自律神経失調症治療院 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme

site tracking with Asynchronous Google Analytics plugin for Multisite by WordPress Expert at Web Design Jakarta.